自己負担金はいくら?

2014.4.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

葉03介護保険におけるサービスに対する自己負担は原則1割です。介護保険は、大きくわけると訪問介護や訪問看護、通所介護などの居宅サービスと特別養護老人ホームや介護保健福祉施設、療養型の医療機関に入所した場合の施設サービスとに分かれます。
居宅サービスの場合、この1割で利用できるサービスは、要介護度別の区分支給限度額内に限られています。介護保険制度がつくられるときに、社会保険方式でみんなで支え合うということ、また、必要な人に必要なだけを給付するという方針が立てられたことから、そのような枠組みがあるのです。限度額といっても、介護保険は「単位」という数字×地域単価になっています。厚生労働省が定めているのは限度額の単位です。通常この限度額内でケアプランを立て、おさまるようにしています。しかし、ケアプランを超えたサービス、例えば、訪問入浴を週1回が限度なのに、週2回でお願いするといった場合、超えた分は全額自費となります。
施設サービスの場合は限度額というのが設けられていません。介護保険の範囲内であれば1割です。ただ、施設サービスの場合、生活の場でもあるため、食費や居住費といった部分はまた別な計算方法となります。

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。