第1号被保険者と第2号被保険者に共通すること

2014.4.25|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

子供05日本に存在する年金制度に関して、対象者は大きく分けて3つに分類される事をご存知でしょうか。分類はされますが、共通する部分も持ち合わせていますので、下記でご説明いたします。
まず第1号から第3号の3つに分類され、第1号被保険者と第2号被保険者には共通する部分が多くあります。まずは公的年金である国民年金への加入。国民年金への加入が同じという事は、老齢基礎年金や障害基礎年金、遺族基礎年金等の給付は同じになります。そして年齢制限も国内に住所がある20歳以上60歳未満。こういった条件は同じになります。しかし、年金への加入者の分類は職業も大きく関わって来ますので、サラリーマン等の会社員や公務員、自営業者まで職業によっては分類が異なりますので注意が必要です。第3号被保険者等は第2号被保険者の被扶養者が対象となりますので、また変わった条件となってきます。
年金保険はベースとなる基礎年金と呼ばれる国民年金を1階層と考え、そこから2階層や3階層へと階層を上げて加入する事で将来への経済的な不安を軽減する事が出来ます。しかし被保険者の分類によって公的年金による階層が異なりますので、階層が少ない人は私的年金への加入を検討する事でさらなる保障を得る事が出来ます。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。